着圧レギンスを履くと、足痩せ効果あり?!

足がすっきりスラリと伸びていると、とてもスタイルがよく見えますよね。
スラリと伸びた脚は憧れます。

「足痩せしたい。」
と思っている人は多いです。

でも、仕事で歩き続けたり、家事や育児で立ちっぱなし座りっぱなしだったりすると、どうしても足がむくんで来てしまいますよね。

最近では、むくみ解消の着圧ソックスなんか売ってますね。
着圧ソックスを履けば、脚やせ効果がったりするのでしょうか。

着圧ソックスは、元々医療目的で使用されていました。
足痩せのために使用されていたわけではないんです。

下肢静脈瘤や深部静脈血栓、リンパ浮腫の予防に使われていたのです。
なぜならば、着圧ソックスは血液の流れリンパの流れを促進してくれるからなんです。

そもそも、なぜ足がむくんでしまうのか判りますか?

足のむくみは血液・リンパ液の滞留によって起こります。

人の身体は、心臓から動脈を通って流れ出した血液が全身を巡り、再び心臓に戻ってきますよね。

液体は高いところから低いところへ流れ落ちるので、心臓から身体の末端に向かう時は、自然の流れに沿って流れます。
でも、末端にたどり着き再び心臓へ戻る時は、下から上へ向かって流れなければいけませんよね。

下から上へ血流を流す力は心臓のポンプの力だけでは足りないのです。
実は、足の筋肉がもう一つのポンプの役割を担っていて、血流を心臓へ送り上げてくれています。

でも、足の筋力が衰えたり、ずっと立ち続けたり座り続けていたりすると、筋肉のポンプの役割が出来なくなってしまいます。
心臓へ送り上げる事が出来なかった血液やリンパ液が足に溜まってしまっている状態、この状態が足がむくんでいる状態なんですね。

足のむくみについては【足のむくみ解消には、サプリメントも効果あり?!】も参考にしてください。

着圧ソックスは、この足のポンプ機能を補ってくれる効果があります。

着圧ソックスは、足の部位ごとに圧力がかかる様に計算して作られています。

だから、着圧ソックスを履くと血流がちゃんと心臓へ上がっていってくれるんですよ。
血液やリンパ液が滞ることなく流れてくれるから、むくみがなくなるんですね。

残念ながら、着圧ソックスを履いだけで、脂肪がなくなったり足がぐっと細くなったりすることはありません。
でも、むくみがなくなることで、さっぱりした足になりますよ。

足痩せ効果がないわけではありません。
血流がよくなり、代謝があがることで、足が細くなります。

むくみの解消に着圧ソックスが効果的である事が判りましたが、着圧ソックスを履く時には少し注意点があります。

着圧ソックスは自分に合った圧力のソックスを選んで下さい。
そして、ソックスを履く時は足首から履いて、ソックスの部位と足の部位がちゃんと合う様にして下さいね。

着圧ソックスは、ずっと履きっぱなしにしないで下さい。
むくみやすい時期やタイミングに合わせて履いて下さいね。

コメントは受け付けていません。