ウォーキングも足痩せ効果あり!えっ?足が太くなるって?

足痩せのためには、エクササイズや筋トレを行わないといけない。
運動の経験があまりないから、激しい運動は苦手だ。

それでも何とか足痩せをしたいのなら、ウォーキングをおすすめします。

ウォーキングと言えば、最近では健康のために始める人が多いですよね。

運動経験があまりない人でも、気軽に始められる点がメリットです。
ウォーキングは全身運動なので、エクササイズ効果や脂肪燃焼効果が高いんですね。

だから、ダイエットを行う人にも好まれます。

ウォーキングと言われると、
「足を使う運動だし逆に足が太くなってしまうんじゃない?」
かと心配になる人が少なくありません。

実は、正しい姿勢と正しい歩き方を意識すれば、ウォーキングで足が太くなることはないんですよ。

もともとウォーキングは、有酸素運動です。
筋トレのような無酸素運動とは異なります。

運動強度も低いので、筋肉がモリモリ育つこともないんですよ。

ただ、悪い姿勢や間違った歩き方でウォーキングを続けてしまうと、変な所に負荷がかかりそこの筋肉が鍛えられてしまったりします。

余計な部分に筋肉が付くと、骨盤がゆがんでしまったりするので、身体にも良くありません。
ウォーキングを実施する時は、是非正しい姿勢、正しい歩き方で行って下さいね。

それでは、ウォーキングの正しい姿勢・正しい歩き方を見てみましょう。

まずは、姿勢からです。

頭の上からピンと吊り上げられる様なイメージを持って下さい。
全身の重心が真っ直ぐになる様に立ちます。

骨盤と肩は、地面と水平を保つ事を意識して下さいね。
股関節が伸びている事と骨盤が立っていることを意識します。

最後に、お腹をキュッと引き締めてください。
普段姿勢が悪かったりウォーキングを始めたばかりの時は、姿勢を保つだけでもちょっと疲れてしまうかも知れませんね。

正しい姿勢を保ったまま、歩き始めます。
歩くと言っても、ただ歩いていてはいけません。

味全体を使って歩くことを意識して下さい。
足の付け根から踏み出すように歩き出します。

着地は、かかとからですよ。
後ろ足で、グッと地面を蹴って前へ進んで下さい。

ポイントは、股関節を伸ばし前後の足が真っ直ぐ伸びるようにすることです。

普段歩く時は、膝を曲げて歩くことが多いのではないでしょうか。

膝を曲げて歩くと、太ももに負荷がかかるので太ももが太くなる可能性がありますよ。
ウォーキングを行う時は、膝を曲げることなく、真っ直ぐ伸ばして歩いてくださいね。

もっとウォーキングの効果を出したいというときは、加圧レギンスを着用することもおすすめです。
加圧された状態で、運動を行なうことで、普段よりも効果がアップします。

詳しくは【着圧レギンスを履くと、足痩せ効果あり?!】を読んで下さい。

正しい姿勢正しい歩き方で、足痩せを成功させましょう。

コメントは受け付けていません。